学童保育で効果的な子どもの声を聴く方法とは?

効果的
この記事は約11分で読めます。

子どもの声を聴くってなあに?

子どもの言うことをすべてきくこと?

それは、わがままを許すことにならないの?

話を聴く…

声を聴く…

できているかなあ…

今日は子どもの声を聴く方法についてイオピーマンなりに簡単にわかりやすくお伝えします。

この記事を読むことで、子どもの声を聴く効果的なポイントが理解できるようになります。

そうなることで、子どもたちから信頼されるようになります。

子どもたちは信頼できる指導員、あなたに本音をボロボロと吐き出してしまいます。

そしてそれは、学童保育の生活全体の安定に結びつきます。

この内容は実践済みです。

そして効果は絶大です。

どうぞ最後までお付き合いください。

子どもの声を聴くって何?

聞くとは聴くことです。

・聞くは、自然に聞こえてくること

・聴くは、耳を傾けて聴くこと

私たちは、日々子どもたちの声や話をきいています。

何気ない会話をする時も、子どもたちからの訴えや願いをきく時も、子どもたちの声や話をきいています。

学童保育の生活現場では、聴くことが大切となります。

伝えることよりも、聴くことの方が重要ということです。

なぜなら、子どもたちの話を聴いた分だけ、指導員の話を子どもたちも聞いてくれるようになるからです。

学童保育の生活は、子どもたちと共に作っていくものです。

主役は子どもたちとなります。

子どもたちが自分たちで決める学童保育の生活づくりとは?

指導員が子どもたちにお願いしたいことがあるとき、こちら側からの要求だけでは、子どもたちは了承してくれません。

それどころか反発さえされてしまう場合もあります。

これは子どもたちの声を聴くことで解消されます。

子どもたちの話に日頃から耳を傾けて、親身に心を寄せることが大切です。

聴いてくれる・・・

わかってくれる・・・

という積み重ねがあってこそ、指導員の声も子どもたちに届くようになります。

聴いた分だけ、聴いてくれます。

それはまさに、振り子の原理と同じです。

あの振り子ね・・・

プラーン

ぷらーん

の振り子のことね♪

聴くとは共感すること

私たちが大切にしている関わり方に、子どもの気持ちに寄り添うや共感するなどがあります。

  • 子どもの声に耳を傾ける。
  • 子どもの話を最後まで聴く。

を基本として、子どもたちの言葉をまずは受け止めます。

そして、その気持ちも受け入れます。

  • 子どもの気持ちを理解する。
  • またその気持ちを理解しようとする。

これが、寄り添うや共感するということです。

➡︎学童保育指導員の仕事の基本と大切にしたい心得2点とは?

聴くことは、子どもたちの心の声を聴くことです。

そして、その気持ちを理解しようとすることです。

子どもの声を聴く第一歩は、共感することと言えます。

しかし、それは第一歩です。

その先があるの?

その先が、「でもね…」を言わないことです。

「でもね・・・」を言わない

でもね…」を言わないことは、子どもの言葉や声を肯定することに繋がります。

まずは、気持ちや心に共感をします。

そして、でもね・・・と言いたくなる場面でも我慢をします。

ここが、なかなか難しいポイントです。

この、「でもね」と言わないことは主に、子どもの訴えや願いをきいた時です。

でもね」を言わないで話を聴くとは、とても奥が深い話です。

「でもね」を言わないについて考えていきます。

まずは、子どもの声を聴き、その気持ちを理解します。

そこで、私たちは自分の思い…指導員としての思いを伝えることがあります。

でもね、その気持ちはわかるけど、ナスビちゃんに意地悪したらダメでしょ。

意地悪をしたキュウリ君に伝えるときがあります。

この関わりはとてもナイスなはずです。

この表現は、特に低学年の子どもたちには伝わりやすく、何がダメであったかも明確です。

しかし、しかし、しかしですよ・・・

子どもによっては

何でいつも俺ばっかりに言うんだよ‼

とか

また私が悪いって言うこと⁈

言ってくるタイプの子どもたちはいませんか?

こういうタイプの子どもたちには、でもねとかダメよなどを伝えることが逆効果になってしまう場合があります。

なぜならでも=否定と捉えてしまうからです。

このようなタイプの子どもたちは、日頃から厳しく注意を受けることが多かったり、ダメと否定されることが多い傾向があります。

すると、その子たちの自己肯定感は下がってしまいます。

心が乾いてしまっている状態です。

そんな子たちは、「でもね」と言われた瞬間に否定の風が体を吹き抜けます。

どうせ、俺なんて・・・

そして、それがさらに心を枯らしてしまうのです。

「だから・・・」と伝える

そんなタイプの子どもたちには「だから・・・」と伝えることが有効となります。

そうか、そんなことがあったんだねー

だからキュウリ君は、ナスビちゃん、に意地悪をしてしまったんだねー

と応えてみます。だからです。

ポイントはだからでした。

だからは肯定となります。

意地悪をしたことに肯定するのではありません。

そうなる気持ちやそうなってしまった理由に肯定するのです。

その理由に理解を示すのです。

だからか・・・

そうなんだね…

指導員の相づちがポイントとなります。

それを習慣にしていくことで、子どもたちは救われます。

理由に理解を示す?

行動の理由に理解を示すこと・・・について説明します。

子どもたちの行動にはすべて理由があります。

いい例ではありませんが

わかりやすい例で言うと

  • お金がないから、泥棒をする
  • イラついたから、暴力をする

ことがあるとします。

もちろん、泥棒や暴力は許されません。

泥棒や暴力を肯定するのではありません。

その理由を理解するという意味です。

それは行動の理由は理解できるということです。

なるほどね

そういうことがあったんだね

と理由はわかります。

逆のパターンで説明すると

  • お金持ちだから、泥棒をする。
  • 優しい気持ちだから、暴力を奮う。

これでは意味がつながりません。

行動の理由は理解できません。

何が言いたいのかというと、何度も繰り返しますが行動の理由を理解するということです。

ここがポイントです。

理解するのは、行動の理由です。

悪い行為を肯定することではありません。

理解を示すとは、そのことをいいます。

キュウリ君は、ナスビ君にイラついたから意地悪をしたとします。

指導員としては、

キュウリ君がイラついたから意地悪をしたという理由

を私は理解できるよ

となります。

だからキュウリ君は

意地悪をしてしまったんだねー

理由はわかるよー

という意味です。

だからを伝えることで、

キュウリ君のようなタイプには効果的です。

否定することなく、理由を理解します。

だからかー

なるほどね

とキュウリ君に理解を示すということです。

その関わりこそが大切であり、私たちに求められている必要な専門性とも言えます。

しつこいようですが、意地悪を肯定しているのではなく、意地悪をしてしまった理由はわかるということです。

ここまでは、理解できました。

でもね」より

だから」を使うことで、否定された感じがなくなることはわかるけどそれでも、悪いことをした時は注意する必要があるのでは?行動を正す必要があるのでは?

それで、ちゃんとキュウリ君に伝わっているのか疑問だよ‼️

という意見にお応えします。

注意したり、行動を正す必要性…

子どもたちの話を聴いたあと、その行動の理由は理解できたとします。

しかし、「でもね・・・」を使わずに、どのように行動を正すか?

これについての答えは・・・そのまま聞いたままで大丈夫です。

何も伝えることはありません。

注意も?

正しいことも?

伝えなくていいの?

ただ、聴くだけです。

何なら、さらにもっと聞いてみて、本当の気持ちや事実をさらに聴き込みます。

でもね…を使わずに、いっさい指導員の意見を伝えずに関わってみて下さい。

実はこの方法は、とても覚悟と信念が指導員に求められます。

それができる時間と環境も必要です。

指導員体制やチームの理解も必要です。

そして、その関わりは時にゴールが見えないこともあります。

何でいつも俺ばっかりに言うんだ⁈

また俺が悪いってことか⁈

と言ってしまうキュウリ君タイプの子どもには、

だからかー

わかるよー♡

と言って、その理由をただただ、ただただ聞いてあげることで、キュウリ君の乾いた心は潤い、指導員に対する信頼感が少しずつ芽生えてきます。

何が正しいことなのか…については、小学生になれば、ある程度理解はできていると想定します。

その子の話を聴いていない状況下では、こちらが何を伝えようとしても、その子に響きません。

心は乾いてしまうと、どんな言葉も響かないようです。

ただただ、聴き続けることに専念する指導員の覚悟が必要となります。

例外があるとすれば、相手の子どもがケガをしたり、ケンカなどで納得していないケースなどがあげられます。

キュウリ君が、ナスビちゃんに謝らないといけないシチュエーションもあると思います。

指導員としては、上手にキュウリ君の気持ちを引き出し、気持ちを理解して、否定せずに、キュウリ君が謝れる状況に持っていく技術も要します。

あらゆる状況やケースに応じて、その瞬間瞬間に適切な言葉がけや対応が求められるのです。

そのためにも、子どもたちの声をよく聴きます。

そのためにも、子どもたちの心に寄り添います。

まずは、「でもね・・・を言わず」に解決まで導いてみてください。

まとめ・エピソード1

ステップ①指導員は子どもたちの声や言葉をきいて、その気持ちに共感して寄り添います。

これが第一歩です。

ステップ②でもね…を使わず、否定せず、その子の行動の理由に肯定します。

だから、そうなったんだね

と相づちを打ちます。

ステップ③さらに、その子の思いや気持ちを引き出し、聞くことだけに専念します。

聴ける時は、ずっと話や気持ちを最後まで聴いてあげます。

そこまでして、謝る…とか反省することなどを上手に促します。

上手にというのは、あらゆる状況を踏まえて、その子の気持ちが動くように、指導員が適切な言葉を選ぶことです。

そのためにも、子どもの声に耳を傾け、共感します。

子どもの話を聴いた分だけ、指導員の話を聴いてくれるようになります。

まさにそれは、振り子の原理と同じと言えます。

でもね…を使わないことを意識して実践してみてください。

そうすることで、子どもたちが変わるのではなく、自分自身の捉え方が変わることに気づくはずです。

実践エピソード1

6年生の女子4人グループがいました。

そのうちの3人が1人の子の悪口や文句を指導員に言ってきました。

私が指導員として関わった実話です・・・

6年生女子4人と私は、今まで特別に深く関わる機会はありませんでした。

そんなある日、1人の子の悪口や文句を、3人は私に言い出しました。

言われている1人の子は、その場にはいない状況です。

ある程度、話をきいていると、悪口を言っている3人にも問題がある内容だとわかってきました。

あー・・・

そんなことがあったのか…

そのあと、問題を問い正そうと思い、「でもね…」を使いそうになりました。

しかし、我慢して一度子どもたちの愚痴を全部きいてみることにしました。

そうだったのかー

そうかー

わかるわー

だからかー

ひたすら聴くと、すっきりしたのか

「まあ私らにも問題はあるんだけどね…」と自分たちから、その言葉を発しました。

その後も4人グループで、その子たちなりにうまく過ごしていました。

そして卒業していきました。

私との関係は、その一件を機に格段とよくなりました。

話を最後まで否定せず、すべて聴いてみた結果でした。

この場合は

  • 6年生であったことで彼女たちがある程度成長していたこと。
  • 指導員に解決策を求めていなかったこと。

などの要素が含まれていたように思いますが

でもね・・・

そんなに悪口を言うのはどうかな!!

いいたい気持ちを我慢して、関わってみたことは結果としてプラスになりました。

ただの一例かもしれませんが、このような経験を踏まえたことで、私の中では、その関わり方を実践し続けています。

他のケースにおいても今のところ効果は絶大です。

子どもの性格やその時の状況により、ふさわしい関わり方は常に変化します。

しかし、基本やセオリーのようなものは保育にはあります。

まずは、基本やセオリーを大切にします。

学童保育指導員の関わり方で言うとそれが寄り添うとか共感することです。

そして、子どもの話を聴くことです。

話は聴いた分だけ、聴いてくれます。

その原理は、振り子と同じです・・・

最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

じゃあねーっ

タイトルとURLをコピーしました