学童期の子どもの成長に欠かせない「あそび」のスーパー効果とは?

あそび
この記事は約3分で読めます。

あそびの意味ってなあに?

あそびの効果ってあるの?

あそびについてもっと知りたい‼

あそびにはスーパー効果があるよ♪

今日は、あそびのスーパー効果についてイオピーマンなりに簡単にわかりやすく説明をします。

この記事を読むことによってあそびのすばらしさが理解できるようになります。

学童期の子どもの成長に欠かせないあそびの効果を知ることで、

あそびについて肯定的になれます。

あそびの力を信じる素敵な大人になってしまうのです。

学童保育指導員はもちろん、子どもと関わるすべての方々におさえて頂きたい内容となっています。

どうぞ、最後までお付き合いください。

そもそも、「あそび」ってなあに?

人間が心を満足させる行為です。

遊びとは

知能を有する動物が心を満足させることを主たる目的として行う行為

Wikipedia

とウィキペディアにありました。

ウィ?キペ?ディ?ア?

たしかに、

あそぶと心が満足します。

子どもたちだけではなく、私たちもそうです。

休みの日は何をして過ごしますか?

ゲーム?

ショッピング?

お出かけ?

スポーツ?

引きこもる?

勉強?

飲みにいく?

  • 趣味につかう時間
  • 自分のための時間

私たちは

心の満足を求めて行動します。

休みの日や、自由に過ごせる時間は、

うきうき♡

と心と体を踊りだします。

この時、私たちはあそんでいる状態と言えます。

もしも、仕事や育児などで忙しく過ごす中で、私たちのあそぶ時間がなくなるとどうなりますか?

ストレス激増

疲労こんぱい

欲求不満

想像するだけで、ぞーっとしてしまいます。

大人にとっても、遊びや余暇は必要なものと言えます。

大人にもあそびは必要です。

学童期の子どもにとってのあそびってなあに?

あそびは子どもの命です。

いのち?

子どもたちは放課後に何をしていますか?

家にいるとき…学校にいるとき…あそんでいます

子どもたちも心を満たすためにあそびます。

しかし、それ以上に本能的に、子どもたちはあそんでいるようにも見えます。

そういえば、子どもはすきさえあれば、あそんでいます。

いいえ

厳密にはすきひまもなくてもあそんでいます。

  • 消しゴムのカスを丸める。
  • 地面に絵をかく、砂をいじる。
  • ドブをのぞく、ドテを歩く。
  • 意味もなく棒を拾う。葉っぱを集める。
  • 地面のタイルの同じ模様ばかり踏んで歩く。
  • 車中のトンネルでは息をとめる。

これらは全部あそびです。

子どもたちはあらゆる状況下においても、あそんでいます。

無意識に心を満足させているのでしょう。

ドッジボール、鬼ごっこ、工作、ままごとのようなものばかりがあそびとは限りません。

子どもたちはいつの間にか、誰かに頼まれるわけでもなくあそんでいます。

本能のまま体と心に従った結果、あそんでしまっているのです。

考える暇感じる暇もなく、あそんでしまうのが、子どもという生き物です。

まさに

あそびは生きることであり、生きることはあそびです。

子どもは本能的あそびを求めています。

赤ちゃんは、泣くのが仕事と言われるように、学童期の子どもにとってはあそぶことが仕事であり、あそぶことが人生でありあそぶことが命‼と言っても過言ではありません。

もう、あそんでばかりいないで……

という気持ちにまわりの大人は思いがちです。

そんな時間があるなら……

と言ってしまいがちです。

勉強やお手伝いをする方が子どもたちのタメになる気がしてしまいます。

しかし、実際はあそぶことの方が、子どもにとって有益です。

なぜなら、あそびにはスーパー効果が秘められているからです。

あそぶことは子どものタメ

あそばないと子どもはダメ

ちぇけらーっ

タイトルとURLをコピーしました