学童保育指導員が子どもとあそぶ価値3選‼あそぶことは仕事ですよ‼

あそび
この記事は約10分で読めます。

子どもとあそぶのって意味あるの?

あそぶ時間とかないんだけど…

ところがどっこい

子どもたちとあそぶことはメリットだらけでした‼

今日は、子どもたちとあそぶ価値について、イオピーマンなりに簡単にわかりやすくお伝えします。

この記事を読むことで、あそぶ価値や意味が理解できるようになります。

理解ができたら、意識が変わります。

意識が変われば、行動が変わります。

そうなることで、子どもたちと毎日もりもりあそぶ素敵な指導員になることができます。

そしてそのことは、学童保育所の生活の安定に繋がっていきます。

私たちにとって、あそぶことは仕事です。

どうぞ、最後までお付き合い下さい。

指導員があそぶ価値

指導員が子どもとあそぶ価値は主に3つあります。

  • ①信頼関係が構築できる
  • ②子どもを理解できる
  • ③保護者と繋がれる

学童保育所はご存じのとおり、子どもたちが生活をするところです。

子どもたちは、そこで楽しく過ごします。

学童保育所が子どもたちにとって絶対に楽しい場所である必要性とは?

子どもたちは、そこで自由に好きなことをしてあそびます。

学童保育所はどういうところ?放課後は子どもたちの自由な時間‼️

そして、子どもたちにとってあそぶことは生きること、そのものです。

学童期の子どもの「あそび」に秘められたスーパー効果とその意味は?

まず大前提として、子どもたちにとってあそびは不可欠なものです。

子どもたちが学童保育であそぶ価値は図りきれません。

なぜなら、学童保育の生活はあそびを軸に組み立てられているからです。

そして、今回は指導員があそぶ価値となっています。

価値だらけ

メリットだらけ

メリット信頼関係の構築

子どもたちとあそぶことで信頼関係を育むことができます。

なぜなら、子どもたちは一緒にあそんでくれる指導員に信頼を寄せるからです。

子どもたちに何か問題が起きたとします。

一緒にあそんでくれる先生と

一緒にあそんでくれない先生と

どちらの先生に、その子は相談を持ちかけますか?

一緒にあそんでくれる先生に相談を持ちかけますよね。

一緒にあそぶことで子どもとの関係性は深まります。

  • 自分のことをよく見てくれるという実感
  • 一緒に楽しい時間を過ごせたという経験

から子どもたちは、指導員に信頼を寄せてくれるようになります。

ポイントは子どもたちがそれを感じることです。

よくあそんでくれる大学生のアルバイトの先生にだけ、本音を話す子どももいるくらいです。

信頼関係はお互いの関係性です。

どれほど指導員が信頼しようとしても子どもたちから信頼されないと、その関係は成り立ちません。

信頼を掴みとる

子どもたちと全力であそぶことで信頼を掴み取ることができます。

なぜなら、子どもたちは、一緒に全力であそんでくれる指導員のことが大好きだからです。

それは同じ仲間の感覚です。

生活を共にする仲間

仲間として受け入れてもらえる感覚に近いものです。

一緒にあそぶことで、その時間、その空間、その心を子どもたちと共有できます。

同じ時間と空間の中で、共に心が動いたその一瞬に、仲間になることができます。

  • ボードゲームで大逆転したあの時
  • カマキリを見つけて捕まえたあの瞬間
  • ドッジボールで最後のひとりまでのこり、逃げまわったあのシーン

楽しいな

心が動き、仲間になれます。

当然、仲間には信頼を寄せます。

そして大好きになります。

実話談(関係性の変化)

ある期間、高学年男子と全力でサッカーをしてあそぶことを大切にしました。

そうすることで、その子たちとの関係が深まりました。

その後は、困った時などに手伝ってくれたり、お願いをしたら聞いてくれるようになりました。

以前は、反発されてその子たちに学童全体が振り回されることもよくありました。

あそぶことで関係性が育まれたと推測できる経験でした。

全力であそぶ、全力で関わることで、私たちは子どもたちに仲間になる条件を与えてもらいます。

仲間と言う言葉は、適切ではないかも知れませんが、

この人が言うのなら話を聞こう

と思われる指導員になるためには、心が通じ合う関係であることが必要です。

全力であそぶ全力というのは、メンタルの部分です。

心とか気持ちが全力で子どもたちとあそぶということです。

体力面ではありません。

毎日全力で走って鬼ごっこをする意味ではありません

それはそれで、

とても素敵なことですが…

どんなあそびでも大丈夫です。

指導員が全力の心で子どもたちとあそびに向き合えば、楽しい時間、空間は共有できます。

そして、子どもたちの

たのしかったなー

という記憶が、指導員への信頼に繋がります。

メリット②子ども理解

子どもたちとあそぶことで、その子のことがよく分かるようになります。

なぜなら、あそぶと、子どもたちの素の姿が現れるからです。

素(す)の自分…

どんなあそびでもそうですが、一緒にあそぶとその子の性格がよくわかるようになります。

たとえば、部屋で何人かでトランプをしたとします。

見ているだけなら

仲良くあそんでいるなー

くらいしかわかりません。

しかし一緒にあそんでみると

  • 戦略家な一面
  • 自分の思うように進める一面
  • 友だちに気を使う一面
  • ルールを忠実に守る一面
  • 負けず嫌いな一面
  • やさしい一面
  • 正義感が強い一面

と色々な一面いちめんが見えてきます。

それは一緒にあそぶことでしか見えてこない一面です。

なぜなら、子どもたちはあそんでいる時にこそ本性を現し、本当の素の自分を見せるからです。

あそびは、子ども本来の姿を映し出す鏡とも言えます。

鏡よ

鏡...

このように子どもたちと一緒にあそぶことで、その子を知る手がかりとなります。

その子が発する言葉の微妙なニュアンスを感じ取り、理解できるようになります。

その子の顔の表情を一瞬みるだけで何を考えているかを理解できるようになります。

性格や特徴も

あそんでこそ

よく知ることができます。

そのようにあそびは、子どもの本性を引き出します。

大人でいうと

  • 車を運転すると、その人の性格がわかる。
  • お酒を飲むと、素の自分が現れる。

といったようなものです。

だからこそっ

一緒にあそぶことでしか気づけないような、今まで知らなかったその子の一面や姿に気付けたりするのです。

子どものことを知ることは、指導員にとってすごい価値となります。

子どもたちのことをよく知っている指導員は最強説‼

子どもたちのことをよく知っている指導員は最強です。

なぜなら、子どもたち一人ひとりに合った的確な支援が即座にできるようになるからです。

子どものことを知っているとスムーズに支援ができます。

子どもたちが

  • ケンカなどで困っているとき
  • 保護者から相談を受けたとき

などの場合に子どものあらゆる面や性格を知っていると、すばやく対応ができます。

病院で例えてみます。

体調不良で病院に行ったとき、お医者さんは、まずは問診から始めます。

そのあと診察になります。

そして、最終的にその人の症状に合わせた薬が処方されます。

まず、お医者さんは患者の様子を知ることから、始まります。

これと同じように、私たちは子どもたちの状態や様子を、まずは知っておく必要があります。

指導員の場合は、さらにその子の特徴や性格、発達段階などもよく把握しておくことが求められます。

子どもたち一人ひとりに合った支援を行う際に、子どものことを知らなければ何も始まりません。

その子のことをよく知っていることは、すでに問診が終わっている状態です。

問診終了…

スムーズな対応

私たちの仕事は、子どもたちをよく見て、よく関わることです。

それが仕事の大部分を占めます。

学童保育指導員の仕事内容①とは?【子どもとの関係づくり編】

学童保育指導員の仕事内容②とは?【安心と安全の関係づくり編】

なぜなら、それは子どもをよく理解することに繋がるからです。

そして、よく知っていることが、子どもたちに一人ひとりに合った支援を可能にします。

これが、よく知る指導員が最強である理由となります。

だから

いっぱい

あそぶんだね

また、

あの子はね…

この子はね…

この前はね…

こういう一面もあってね…

など、子どもの色々な情報を指導員同士で確認し合う際にも、子どものことをよく知っている指導員は優遇されます。

子どものことをよく理解している指導員は重宝されます。

子どもの情報を細かく知るために、指導員は一緒にあそびます。

あそぶことで、子どもたちのあらゆる面を理解できることに繋がります。

指導員が堂々と胸を張って、子どもとあそんでもいい理由はそこにありました。

あそんじゃえー!!!

メリット③保護者と繋がる

指導員が子どもたちとあそぶことで、保護者と繋がることができます。

なぜなら、子どもたちと一緒にあそぶと保護者とのコミュニケーションが弾むからです。

子どもとあそんで

保護者とつながる

お迎えの時に、一緒にあそんだことを保護者に詳細に伝えることができます。

ドッチボール好きですねー

楽しそうにあそんでいましたよ…

見たことを伝えるだけなら、味気ない感じになってしまいます。

学童保育指導員が保護者と信頼関係を育む伝え方とは?

これだけでも、見ていないよりかはいいですが、一緒にあそぶとネタがあふれます。

ドッジボールで最後まで逃げ回るキュウリ君をみんなでねらったのですが、なかなか当てられずにいたんです。でもナスビちゃんがパスを回そうと作戦を考えて、パスしているとチャンスができて、ニンジン君が投げたボールで、キュウリ君を当てたんですよ。もう本当にドキドキしましたが、楽しかったです。

と語れるのも、

一緒にあそんだからできることです

この話は、キュウリ君にもナスビちゃんにもニンジン君保護者にもお伝えできます。

さらに一緒にあそんでいたジャガイモちゃんキャベツ君の保護者にもお伝えすることもできます。

そんなにいたの?

トラブルが起きた時だけ、保護者と話をするのではなく、普段の様子や日常のひとコマを、詳細にイキイキと保護者に伝えることで保護者との信頼関係が育まれやすくなります。

保護者といつも何を話していいかわからない?

という人こそ、まずは子どもたちとあそんでみてはいかがですか?

子どもたちと指導員が一緒にあそぶことで、その時の様子を保護者にいきいきとお伝えすることができます。

それが、保護者との関係をつくるきっかけとなります。

学童保育指導員が保護者と関わる上で大切にしたい2つのポイント‼

まとめ

子どもたちと指導員があそぶ価値

①信頼関係を構築できる

 全力であそぶことで、一段と頼られる存在になれます。

②子どもたちをよく知ることができる

 子どものことをよく知っている指導員は強みがいっぱいあります。

③保護者に伝える内容が満載‼️

一緒にあそんでこそ、わかり合えることや肌で感じることがあります。

そのいち場面をドラマティックに語ることで保護者からの信頼が得られることに繋がります。

生活づくりは習慣づくりです。

普段から日常的に子どもたちとあそぶことを意識することが大切です。

その意識を持つことで、同僚指導員やチームで子どもとあそぶことを重要視できます。

あそぶが一番‼

あそぶがモットー

とはいえ

時間もなーい

環境もなーい

人手もなーい

という状況下の方々もおられることでしょう。

その方々は、少しの隙を見つけた瞬間

ドドーン

とあそんじゃって下さい。

少しの隙を捻出して、

ババーン!!

とあそんじゃう指導員は素敵だと思いませんか?

私は憧れます

学童保育指導員の仕事が素敵すぎる3つの理由‼︎

私たちの仕事の基本は子どもたちとあそぶことです。

私たちは子どもたちとあそぶことで、子どもたちから元気をもらいます。

そして、子どもたちも指導員もあそぶことで幸せになってしまうのです。

こんな素晴らしい仕事は

ほかにありますか?

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

じゃあねーっ

タイトルとURLをコピーしました