学童保育の適正規模とは?40名以上で分割が必要な理由を解説‼

学童保育
この記事は約10分で読めます。

学童保育に適正規模はあるの?

分割しなくても指導員の数が増えれば何とかできるんじゃない?

適正人数はあるよ。

適切な環境がいるよ。

今回は、学童保育所の適正規模について、イオピーマンなりに、簡単にわかりやすくお伝えします。

この記事を読むことで、適正規模が理解できるようになります。

そうなることで、子どもにとって最善な環境や学童保育で大切なことについての知識が深まります。

また、今回は分割の考え方についても言及した内容となっています。

しっかりと適正規模を理解することで、学童保育の基礎が学べます。

子どもたちの豊かな学童保育生活は適正規模の中でこそ、守られます。

どうぞ、最後まで、お付き合いください。

適正規模の人数

適正規模の人数は、おおむね40名以下とされています。

それは、放課後児童クラブ運営指針に明記されています。

第4章2.子ども集団の規模(支援の単位)

(2)子ども集団の規模(支援の単位)は、子どもが相互に関係性を構築したり、1つの集団としてまとまりをもって共に生活したり、放課後児童支援員等が個々の子どもと 信頼関係を築いたりできる規模として、おおむね 40 人以下とする。

放課後児童クラブ運営指針

とあります。

部屋の大きさも、

ひとり1.65㎡以上は必要だよ

  • 子どもたち同士が関係を築くことができる規模
  • 子どもたちと指導員が信頼関係を構築できる規模
  • 保護者と指導員、保護者同士の関係性が深められる規模

最大で40名という理解が必要です。

人数は少なければ少ないほど、お互いのことや一人ひとりのことをよく知ることができますよねー

適正規模と指導員数

学童保育の大規模化は、指導員の数を増やせば対応できるというものではありません。

なぜなら、保育は算数ではないからです。

100人の子どもを10人の指導員で見ても、一人で10人を見るわけではないからです。

100÷10=⁉

その場合、保育室を完全に分割することでしか、改善策はありません。

大規模学童は分割が必要です。

例えば

大きな体育館のような保育室に子どもたちが100人いるとします。

そして指導員が10人いるとします。

10人を担当⁉

子どもたちは当然、動き回ります。

グループを作ったとしても子どもたち10人がまとまって生活することも無理があります。

100÷10の計算は保育では通用しません。

結局は、ひとりで100人をみる指導員が10人いる状態となり、指導員は安全を管理するためだけのルールづくりや、子どもを抑制する方法しかとれなくなってしまいます。

禁止・抑制

あれはだめ、

これもだめ、

だれのため?

逆に、例えば

その体育館のような保育室を今度は完全に壁で区切ります。

そして、部屋を5個つくるとします。

100人の子どもたちを、その5か所の部屋に分けます。

100人÷5部屋=20人

それぞれの部屋に生活できる設備と、それぞれの部屋に指導員が2人ずつ入れば、保育できる環境になります。

20人の部屋に指導員2人体制がとれます。

子どもたちとしっかりと関係を築くことができる規模は、このように分割することでしか対応できません。

ポイントは部屋が区切られていることです。

そして、子どもたちの行き来もある程度の制限をかける必要があります。

なぜなら、分割の意味はそこにあるからです。

生活には適正規模があります。

  • 子どもたち同士が関係をつくれる規模
  • 指導員が子どもたちと関係をつくれる規模

安心安全な関係づくりができる規模は限られているからです。

完全に分割することで、子どもたちの生活は守られます。

大規模学童保育が子どもたちにもたらす4つの問題点と解決方法は?

継続的な関わり

分割後、長い時間をかけて関係づくりをしていく視点が必要です。

なぜなら、子どもたちが安心できる関係づくりには、時間を要するからです。

子ども同士や指導員との関係は、すぐにできるものではありません。

信頼という土台づくりからはじまり、時には長い年月をかけて育んでいくものだからです。

学童保育指導員の仕事内容①とは?【子どもとの関係づくり編】

学童保育指導員の仕事内容②とは?【安心と安全の関係づくり編】

子どもたちも指導員もころころ入れ替わるようでは、本当の意味での分割とは言えません。

完全分離は

子どものため…

同じ環境で継続的に生活づくりをすることが求められます。

そこで、子どもたちは安心に包まれ、健やかに育ちます。

学童保育の果たす役割は、適正規模によって保障されます。

適正規模でしか、その役割を果たすことはできません。

適正規模

バンザイ

学童保育の役割

学童保育の果たす役割は、適正規模によって保障されます。

なぜなら、子どもたちの安心は、適正規模によって育まれるからです。

適正規模の環境でない場合、安心は育ちません。

安心…

育つ…

そしてその安心は、信頼関係から育まれます。

子どもたち同士・指導員との関係が深まることが安心に繋がります。

私たちもそうです。

飲み会で例えます。

よく知らない人たちがいる飲み会に参加する

親しい人、安定メンバーで飲みにいく

どちらのシチュエーションが安心できますか?

刺激や出会いを求めるなら…

①知らない人との飲み会です。

そこには新しい出会いがあるかもしれません。

安心と安定で考えると…

親しい友人、安定メンバーです。

気兼ねなく、素の自分をだせて楽しめます。

正解は②番でした。

学童保育所でまず、大切にされるべきことで考えると安心です。

安心のシチュエーションを求めるなら②番です。

親しい人やよく気が知れた仲間たちがいて、よく気にかけてくれる指導員がいることが、子どもたちの安心に繋がるのです。

親しい=信頼関係となります。

だからこそ、それが築ける規模と環境を整えることが必要となります。

刺激は後回し…

安心・安定が最優先…

それが、学童保育の役割を果たすことにつながります。

同じように、

大規模学童から得られるメリットは一つもありません。

大人数だから「楽しい」という観点は必要ありません。

・色々な子どもたちと関われる。

・行事などがダイナミックで盛り上がる。

というのは、学童保育の本来の役割からは、かけ離れています。

本来の役割とは、安心安全の関係づくりです。

楽しめる行事を工夫することは大歓迎ですが、大人数であることは保育をする中でのメリットとはなりません。

軸にするのは、保育です。

イベントではありません。

なぜならそれが、学童保育の基本だからです。

保育の質

40人を超える規模では保育の質を保つことはできません。

なぜなら、適正規模の環境でしか指導員の技術を発揮することはできないからです。

技術とは

  • 一人ひとりの子どもと関わる力
  • 安心安全の関係づくり
  • 学童全体の生活づくり

など、指導員として必要なすべての力や技術のことです。

学童保育指導員の仕事の専門性とは?その関わりこそプロの技‼

これらは、適正規模によって発揮されます。

大人数であっても、

一人ひとりを大切にしたい

その気持ちは素晴らしいですが、理想は30人まで、最大で40人までという意識を指導員が持つことが大切です。

人数が40名をこえると、保育の質を保つことは難しいという意識です。

錯覚

実際のところ、39人と41人の人数の違いが、保育の質に大きな違いを与えるわけではありません。

なぜなら、保育とはそういうものだからです。

そこで、指導員に錯覚が起こりやすくなります。

錯覚⁉

錯覚<br>指導員さん
錯覚
指導員さん

50名なんてまだましよ…

うちの学童は70名だから大変なのよ‼

指導員の感覚が鈍ってしまうことがあります。

もちろん70名に比べると、50名の方が保育はやりやすいか知れません。

しかし、50名は大規模学童です。

40名をこえると

大規模…

1人ひとりと信頼関係を築ける規模は、何度も繰り返しますが、40名までです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、児童数が41人の場合は、21人と20人に分割することが望ましいということです。

分割は

子どものため

実際は、40名と41名…50名との違いを問われると、具体的には示しにくく、表現しにくいものです。

うまく言えないもの…

だから指導員の力量でカバーできるように錯覚してしまいます。

しかし、それは錯覚です。

時に疑いをもつ…

子どもたちにとって一番いい環境で保育できているかを振り返ります。

錯覚しないように、意識を持つことが大切となります。

何とかなっているという意識ではなく、

それは錯覚‼

という意識を持つことで、子どもたちを救えます。

大規模化問題

大規模学童では保育の質が低下します。

なぜなら、一人ひとりにとって最適なケアが行き届かないからです。

しかし、子どもたちは、高い順応力をもっています。

どのような環境でも、柔軟に合わせることができてしまいます。

だから、大規模学童の劣悪な環境にも慣れてしまいます。

適応できている…

という考えではいけません。

これは大問題です。

劣悪な環境に子どもたちを適応させてしまってはいけません。

質の悪い保育に、子どもたちを順応させてはいけません。

  • 大声での日常会話
  • 足の踏み場もなく、体がぶつかり合う
  • 些細なことでもイライラする
  • 何をするにも時間がかかる

これは、ほんの一部ですが、このような生活に慣れてしまいます。

そしてこの状態が、子どもたちの日常であり、普通になってしまいます。

保育の質の低下が普通になってしまうことが大問題

これらは、子どもにとって一番いいことではありません。

子どもの権利を守れなくなります。

学童保育と子どもの権利とは?子どもの最善の利益って何?

そして、このことのに気づくことができるのは、指導員だけです。

指導員のみ

気づくことができる

子どもたちも保護者も気づきません。

発信できるのは、指導員だけであることも抑えておく必要があります。

錯覚<br>指導員さん
錯覚
指導員さん

何とかできている

という錯覚をしている場合ではありません。

保育の質の低下(大規模問題)を発信できる人は、指導員だけです。

まとめ

適正規模は最大で40名までです。

理想は30名までです。

40人を超える場合は、分割して20名と21名にするのが望ましい考え方です。

分割あるのみ

子どもたちは適正な規模で信頼関係が築くことができる規模保育されなくてはいけません。

学童保育の役割は、子どもたちが安心して安全に過ごせることです。

その環境を整えることが最優先です。

指導員

子どもたち

コロコロかわらない

イベントもいいけど

軸になる視点は普段の保育…

安心安全の関係づくりができる規模が最優先です。

それには、指導員の気づきや意識が重要になってきます。

大人数でも大丈夫

と錯覚している場合ではありません。

指導員だけしか大規模学童の問題を発信できる人はいません。

大規模学童問題は分割あるのみ‼

さいごに、適正規模のメリット集をお届けします。

子どもから見た適正規模のメリット集‼︎

  • 自分をよく見てもらえる
  • トラブルに早く気づいてもらえる
  • 落ち着ける
  • ケンカの理由などをじっくり聞いてもらえる
  • 大声を出して話をしなくてよい、されないですむ
  • イライラしなくてよい、されないですむ
  • 密にならなくてよい
  • 先生に「ちょっとまって」「あとでね」と言われない
  • 異年齢であそべる
  • みんなの顔と名前、性格までわかる
  • みんなに自分のことをわかってもらえる
  • 主体的に活動できる
  • 無駄に順番を待たなくてよい
  • ジャンケンの確率があがる

これは、ほんの一部です。

この逆が、大規模学童の問題となります。

学童保育の果たす役割は、適正規模によって保障されます。

子どもたちの豊かな生活、幸せな学童は適正規模によって守られます。

子どもたちにとって一番いい環境とは何か…

私たち大人が果たす役割は何か…

できることから、一歩ずつ共に歩んでいきましょう。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

じゃあねっ

タイトルとURLをコピーしました